カテゴリー
インターネットでの販促 how to blog

スマホできれいに写真を取る方法 |まず3つのこと

Q.『スマホやタブレットのカメラで宇井さんみたいに撮れないですか?』

A.「カメラの性能が良いのできれいに撮影できるだけです」

私には作家的なセンスはありません。販促のコンサルティングや指導およびツール制作が専門なので、それに使える写真撮影のやり方をしています。ご指導もさせていただいています。小規模な飲食店やグッズ販売店などのブログやリーフレットなどにはスマートフォンのカメラで十分対応できるケースもあると感じています。

以前、クライアント様の知り合いのお花屋さんから
「ブログやカタログの写真がきれいに撮影できない」
とのご相談をいただきました。
以下、テクニカル系的なことは書きません。専門家からはつっこまれそうですが超ビギナーさま向けに書いてみます。

以下の3つをやってみるだけでもかなり改善されるはずです。

  1. 拡大は絶対しない
  2. 屋外(太陽光)で撮影する
  3. ストロボは使用しない

です。

まず

1.拡大は絶対しない

庭に咲いていたつつじを撮ってみました。できるだけ被写体にカメラを近づけて撮影しましょう。

拡大はせず、できるだけ被写体に近づいて撮りました。
拡大はせず、できるだけ被写体に近づいて撮りました。
なるべく同じ構図でカメラでズームアップして撮影
なるべく同じ構図でカメラでズームアップして撮影

どうですか?花びらの輪郭や水滴、細かい毛など明らかに違いますね。デジタルズーム拡大すると色調と画角も変わりますね。

次に部屋にあるものでギターのヘッド部分のロゴを撮ってみます。

拡大はせず、できるだけ被写体に近づいて撮りました。
拡大はせず、できるだけ被写体に近づいて撮りました。
なるべく同じ構図でカメラでズームアップして撮影
なるべく同じ構図でカメラでズームアップして撮影

こちらも明らかに弦やロゴマークの描写の違いが明らかにでています。

次に

2.屋外(太陽光)で撮影する

ただし日向は避けて明るい影の場所で撮るのがコツ。明るい曇がベスト。
販売や営業の場合は被写体の形を伝えることが優先ですので、直射日光で極端に明るい場所とその影で極端に暗い場所ができてしまっては魅力的な商品も台無しです。

建物の影に入れて撮影。花びらが柔らかく優しい感じです。全体の形もよくわかります。
建物の影に入れて撮影。花びらが柔らかく優しい感じです。全体の形もよくわかります。
同時刻、太陽光直撃で撮影。花びらに影ができています。
同時刻、太陽光直撃で撮影。花びらに影ができています。

そして

3.ストロボは使用しない

スマートフォンのストロボは真正面から発光します。どうしてもベッタリした写真になってしまいますね(飲み屋でピースしているスナップ写真には臨場感が出ていいでしょうけど)。撮影スタジオなどは正面からのみ当てることはほぼなく、横からや上、時には下からストロボを当てて立体感を出しているのです。

ストロボ発光で撮影。手前が明るく背景に影が落ちて暗くなります。
ストロボ発光で撮影。手前が明るく背景に影が落ちて暗くなります。
ストロボオフで撮影。なるべく明るい場所で撮りましょう。
ストロボオフで撮影。なるべく明るい場所で撮りましょう。

今回はAppleのiPhone SEというスマホを使用しました。ご参考になれば嬉しいです。

カテゴリー
blog free photo data

Rawデータ49点を販売してみます(jpegはフリーDL使用可)

写真データをDNG(Digital Negative)形式で販売します

タイトル通りです。
いわゆるRawデータです。Rawデータというのは未現像(未定着)の写真データです。デザイン仕事などで、自分自身が欲しいと思う販売データ形式です。これを販売しているショップサイトには出会ったことがありません。だから自分で売ってみます。購入者には当方の「exif情報」が全部わかります。かまいません。どのカメラでどんなレンズでどんなデータでいつ撮影したものか全部お教えしても全く困りません。むしろ参考にしていただいてご自分で撮影できるようになればより嬉しいです。(←コンサル的発想w)

BASEでテスト販売してみます。とりあえず最近撮影した花の写真です。デザイナーおよびクリエーターの皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

おそらく、デザイナーさんのイメージに近づけることがより簡単にできるようになると思います。解像度、画像サイズ、色温度、彩度、ガンマ値、露出まで加工できます。購入者にイメージの加工と定着を委ねます。jpeg形式のデータよりずっと補正・調整がやりやすいです。

当方の撮影した写真はいわゆる「写真作品」ではありません。撮影仕事は写真素材を提供する仕事だと考えています。グラフィックやホームページなどに使っていただいて初めて価値を持つと考えています。また、こんな写真をRawデータで欲しいなどリクエストもいただければ嬉しいです。

【なぜRAWデータを販売するの?】

クリエーターの方たちがイメージ通りに画像を仕上げるためです

フォトライブラリーなどで販売されている画像データは一般的にはjpeg形式です。通常はフォトグラファーが補正して販売されています。
ところが、そのままのデータを使用する場合はほとんど無く、更にデザイナーが色補正を加えたりトリミングしたりしてwebや印刷物になります。
色を置き換えたり、コントラストをつけたりとイメージに近づけるためにデザイナーは奮闘するわけです。優れた補正やレタッチをできる人をフォトショッパーなんて呼びます。
それはそれで素晴らしいスキルなのですが、実は画像データ自体は補正すればするほど劣化していきます。そのうえ販売データはjpeg形式なので購入時に既に圧縮(非可逆圧縮)されています。

Rawとjpegの違い

●jpeg : RGB 8bit(1,670万色)←従来の販売データ形式(非可逆圧縮)
●Raw : RGB 12bit,16bit(6,870万色)←今回販売するデータ形式(生データ)

超簡単な比較ですが、Rawの方が色のデータ量の情報が圧倒的に多いのです。これを補正してイメージ通りに仕上ていただこうと言うわけです。
一般的にフォトグラファーはこのRawデータをjpegに書き出してそれを販売しているのです。

作業効率が改善されるはず

グラフィックデザイナーでもある当方はこの書き出す前のデータそのものをご提供しようと考えました。
「仕事が細分化されすぎていて、効率的ではない」と感じているからです。
フォトグラファーもデザイナーもPhotoshopは必ずと言ってもいいほど使っているはずです。同じプラットフォームなのに、同じ作業ができるのにわざわざ分業しなくてもいいじゃないかな。と、感じた次第です。

一つのデータから幾つものバリエーションを作ることができる

例えば同じ写真から太陽光の写真と室内の照明の写真ができます。夕日の設定もできます。

【Rawデータ補正サンプル】
極端な補正例ですが同じデータから書き出してみました。やはりホワイトバランスを調整できるのが最大のメリットですね。

データの劣化リスクが少ない

Rawデータは定着(=書き出し)時に使用する対象に最適なサイズと解像度を設定することができます。劣化も最小限で済みます。もちろん元のRawデータはそのままで保存していただければいつでも取り出して使用可能です。何度でも使ってください。

以下の写真のRawデータをhttps://usharp.base.shop/で販売してみます。
なお、このギャラリーのデータはjpegデータ(長辺1080pix)です。このサイズでよろしければご自由にお使いください。

この投稿の写真データはご自由にお使いください。商用利用もOKです。ただし写真データ自体を販売することは禁止です。

カテゴリー
インターネットでの販促 how to blog

「レンブラント光線」と「フェルメール光線」 撮影方法解説

バックを暗くする撮影方法とふわっとした光で撮影する方法を小型ストロボと身近にあるものを代用してやってみました

タイトルが大げさですが、この場合「片側からの光源」なのか、「光がよく廻り込んでいる場所」なのかと言うことで使わせていただきます。前者をレンブラント光線、後者をフェルメール光線ということにします。
具体的には同じ場所・ほぼ同時刻で「バックを黒くして被写体を浮かび上がらせる」方法と「光を廻らせる(分散)させる」ということをやってみました。

あるクライアントさまから質問されました。
「スマホはきれいに撮れるけど背景無しで撮りたいときは難しい。『必殺仕事人の中村主水』みたいにするにはアプリで加工するしかないのかね?」

みたいなことを聞かれました。中村主水って多分こういうことですよね(画像は使えないのでリンクはアマゾンのアイテムです)。

確かにスマホじゃ難しい。横からの光線があればいいのですが大抵の場合は背景も写り込んでしまって真っ黒にはならない。スマホのストロボはカメラ側の真正面からしか当てられないのでベタベタでテカテカの顔になってしまう。場合によっては目が真っ赤(赤目現象)になってしまう。おっさんがうさぎ目になっても全然かわいくない。

で、自分で実験してみようと思い立ちました。では、始めますよ。

場所はフォトスタジオではありません。大型ストロボやバック紙も使いません。一眼レフと小型ストロボと仕事部屋にあるものだけでやってみました。


仕事場です。散らかっています。築50年ほどの日本家屋をリノベートして天井も壁も白色になっています。建物が隣接していない二階部分で南側の大きな窓から自然光が入ります(ちなみに隣は墓地です)。これだけでもきれいな写真が撮れます。ありがたいです。※今回の実験では自然光は関係ありません。

自分はフォトグラファーといっても今は必要最低限のものしか所有していません。マニアでもコレクターでもないので大型ストロボや使わないカメラ関係の機材はほぼ処分しました。必要なときにレンタルするというスタイルでここ10年以上やっています。
ですので、代用できるものを使うということは常に考えていますし、これを読んで頂いた皆さまにも応用が効くのではないかなと思っています。

【使用機材など】

  • EOS7d
  • ZOOM LENS EF 24-70mm
  • EOS専用スピードライト580EX2
  • 三脚
  • シンクロケーブル
  • 椅子
  • ギターアンプ
  • カメラキャリングケース
  • ハレパネ(レフ板として使っているやつ)

【撮影日時】

  • 2018年3月6日13〜14時くらい

レンブラント光線

今回の被写体は人物ではないですが理屈は同じです。陰影がはっきりとわかりやすく影が出やすい被写体をわざと選びました。

photo1「レンブラント光線失敗」 1/125sec, F13, ISO100
photo1「レンブラント光線失敗」 1/125sec, F13, ISO100
photo2「レンブラント光線成功」1/125sec, F13, ISO100
photo2「レンブラント光線成功」 1/125sec, F13, ISO100

photo1が失敗、photo2が成功です。ご覧の通り撮影データは全く同じです。ストロボの光量も同じです。失敗はバックがうっすらとグレーに写り込んでしまっています。これでは中村主水にはなれません。

失敗はこの様なセッテイングで撮りました。ピアノ椅子の上に被写体を置いています。カメラケースの上にストロボを置いています。ストロボの固定はビデオカメラ用の小型ハンディタイプの安モンのスタビライザーです。左上からストロボを当てています。カメラとはケーブルでつながっています。

で、これが成功のセッテイング。着ない黒色のジャケットをハレパネに引っ掛けました。これだけです。コツとしてはなるべく被写体とバックの距離を離すということです。(右側にハレパネが写っていますが撮影には関係ありません)

フェルメール光線

photo3「フェルメール光線成功」 1/40sec, F8, ISO100
photo3「フェルメール光線成功」 1/40sec, F8, ISO100

今度は同じ被写体を柔らかい光線で撮影してみました。

こんなセッテイングです。ストロボはレンブラント光線撮影時と同じものを同じ光量でカメラにセットして天井に向かって当てています。大きなハレパネ2枚、小さなハレパネも2セット使っています。一番手前の小さなハレパネはカメラ側の下の方から被写体めがけて当ててやる感じです(ギターアンプで支えています笑)。被写体を白い壁で包み込む感じでやるといいと思います。シャッタースピードはやや長めが良いと思います。F値はレンブラント光線撮影時に比べて開けています。

ご自分でやってみようという場合には別光源としてスピードライト(=ストロボ)が必要になります。ストロボシンクロ端子がついていないカメラの場合はホットシューストロボケーブルを使えば、今回のやり方と同じ有線でストロボを使えます。ちなみにワイヤレスでもできますよ。
※説明のためにアマゾンにリンクしていますが機材により使用できるものとできないものがありますのでよく調べてお買い求めください。当方は一切責任を持ちません。ごめんなさい。

今回はストロボを使ってやってみましたが、実はLEDのライトでも近いことはできます。機会ががあれば投稿してみます。