カテゴリー
how to blog

わたしの写真データ管理方法

ご指導先のクライアントさまにはできるだけ、販促ツール制作においては一貫して家内制手工業のごとく社内で出来るようにご指導させていただいてます。そのうちのひとつ、自社製品などのホームページ用の写真も撮影方法からアップまでお教えしています。

以前このこのようなクライアントさまがいらっしゃいました。

70歳の町工場の社長さん。意欲的。自分の会社のホームページを管理。カタログ用の写真もご自身で撮影。

こんな事がありました。
ホームページに使った写真を印刷用に引用したい。
「印刷用なのでホームページに使用しているものはサイズと解像度が小さすぎて全く使えないので元の大きなデータをください」
と、印刷屋さんから言われたようです。

ホームページに使用した写真データはリネーム(リナンバー)して元のファイル名がわからなくなっていまいた。探せない…汗。
さらに、もとデータはSDカードにそのまま保存。なんと、カードがいっぱいになるとそのたびに新しいものを購入されていました。昔のフィルムのような感覚でSDカードを使っておられたようです(もちろん、あとでちゃんとご指導させていただきました)。

カメラに直結でiphoto(現在の写真アプリ)に読み込み、記憶をたよりに撮影日ごとに目視にてサーチ…。お付き合いしました。シンドかったです。

これは極端な例ですが、もとの写真データが探せないというケースを多々お見受けします(※確かにホームページに使用する写真データはタイトルタグを内容と関連のあるものにすることが望ましいので、リネームすることは正しいのです。この点については後日投稿します)。

当方の写真データの管理方法をお教えします

  1. Googleフォトアマゾンプライムフォトを併用する
  2. 確認および検索用にはGoogleフォト(高画質モード)を使用する
  3. 元データ保存にはAmazonプライム・フォトを使用する

ポイントは上記の3つに加え「ファイル名を変えないこと」です。

具体的に先日撮影したデータがありますのでご紹介します。なんといってローカルのストレージ容量をまったく消費しません。すべてクラウドで完結します。写真保存のためのストレージはここ数年は購入していません。お財布にもやさしいですね。

仕事例はお世話になっているお蕎麦屋さん「北山権兵衛」さんのお仕事です。公開の許可をいただきました。ありがとうございます。

※Googleフォトには圧縮されたデータが保存されます。Rawデータや高解像度のjpegなどのオリジナルデータの保存には容量制限があります。だから当方はAmazonプライム・フォトとの併用をしているのです。

【手順1】
Adobe Lightroomで撮影データ(Rawデータ)を取り込む

lightroom_icon

写真ビューワーのアプリケーションは”写真”や”iphoto”または、各カメラ付属の専用アプリでもいいです。当方はRAWデータのみを読み込んでいます。

lightroom_view_1

ストロボの不発や構図の悪いものなどを削除します。今回の撮影ではほとんど補正する必要はありません。

【手順2】
すべてを選択してjpegで書き出す

lightroom_view_2
「編集」→「すべてを選択」
lightroom_view_3
「ファイル」→「書き出し」
lightroom_view_4
当方のjpeg書き出し設定です
lightroom_view_5
Desktop→「名称未設定の書き出し」フォルダの中にjpegデータが書き出されました

【手順3】
書き出したjpegデータをすべてGoogleフォトにアップ

lightroom_view_6
すべてを選択してブラウザにドラッグ&ドロップ
lightroom_view_7
アップ完了です

【手順4】
Googleフォトでアップした写真をアルバムにする

Googlephoto_vew_1
アップした写真の左上のチェックマークをいれてアップした写真を選択
Googlephoto_vew_2
アルバムのタイトルは適当にご自分でわかりやすく
Googlephoto_vew_3
右上の「共有マーク」をタップ
Googlephoto_vew_4
写真を共有したい相手を「友達リスト」選択。または「共有リンクを取得」から共有アドレスをコピー

当方はクライアントさまに写真を選んで頂く場合もありますのでクライアントさまと共有設定にすることが多いです。もちろん撮影データはクライアントさまが自由に使っていただけるようにダウンロード可能な設定にしています。

【手順5】
LightroomでRawデータを書き出します

Raw_view_1.jpg
Lightroomにもどって「編集」→「すべてを選択」
Raw_view_1.jpg
「ファイル」→「書き出し」
Raw_view_3
まず、 Lightroomプリセット→「DNGに書き出し」を選択。次にファイル設定→「元画像」を選択。任意の場所に保存。

【手順6】
Amazonプライム・フォトにアクセスしてRawデータをアップする

Amazon_view_1
専用のアプリもありますが当方はブラウザを使っています
Amazon_view_2
XMPファイルはアップできないので選択しません
Amazon_view_3
アップできました

Amazonプライム・フォトはこれだけです。容量無制限で無圧縮のデータがそのまま保存できるのでRawデータもアップ可能なのです。GoogleフォトではRawデータはアップできません。

しかし検索機能が優れていることやクライアントさまとの共有などは圧倒的にGoogleフォトが便利です。

【手順7】
写真検索の方法

Googleフォトで写真番号を確認

Google_view_a
クライアントさまがこの写真を使ってポスターを作りたい場合を想定します。Googleフォトでこの写真を選択。ファイルネームは右側の赤マルのところに記載されています
Google_view_b
ファイルネーム(拡張子の前のみ)をコピー

Amzonプライム・フォトで検索

Amazon_view_a
上部の検索から検索をしてもうまくいきません。バグかしら?アマゾンさんには改善を期待します
Amazon_view_c
右上の「アカウント」→「Amazon Drive」を選択
Amazon_view_d
Amazon Driveの検索窓から検索
Amazon_view_e
ヒットしました!
Amazon_view_f
タップしてダウンロードボタンよりローカルに取り込みます

当方はクラウドにアップしたあとのRawデータとjpegデーはすべて破棄しています。これでパソコン内もすっきりです。

カテゴリー
インターネットでの販促 how to blog

スマホできれいに写真を取る方法 |まず3つのこと

Q.『スマホやタブレットのカメラで宇井さんみたいに撮れないですか?』

A.「カメラの性能が良いのできれいに撮影できるだけです」

私には作家的なセンスはありません。販促のコンサルティングや指導およびツール制作が専門なので、それに使える写真撮影のやり方をしています。ご指導もさせていただいています。小規模な飲食店やグッズ販売店などのブログやリーフレットなどにはスマートフォンのカメラで十分対応できるケースもあると感じています。

以前、クライアント様の知り合いのお花屋さんから
「ブログやカタログの写真がきれいに撮影できない」
とのご相談をいただきました。
以下、テクニカル系的なことは書きません。専門家からはつっこまれそうですが超ビギナーさま向けに書いてみます。

以下の3つをやってみるだけでもかなり改善されるはずです。

  1. 拡大は絶対しない
  2. 屋外(太陽光)で撮影する
  3. ストロボは使用しない

です。

まず

1.拡大は絶対しない

庭に咲いていたつつじを撮ってみました。できるだけ被写体にカメラを近づけて撮影しましょう。

拡大はせず、できるだけ被写体に近づいて撮りました。
拡大はせず、できるだけ被写体に近づいて撮りました。
なるべく同じ構図でカメラでズームアップして撮影
なるべく同じ構図でカメラでズームアップして撮影

どうですか?花びらの輪郭や水滴、細かい毛など明らかに違いますね。デジタルズーム拡大すると色調と画角も変わりますね。

次に部屋にあるものでギターのヘッド部分のロゴを撮ってみます。

拡大はせず、できるだけ被写体に近づいて撮りました。
拡大はせず、できるだけ被写体に近づいて撮りました。
なるべく同じ構図でカメラでズームアップして撮影
なるべく同じ構図でカメラでズームアップして撮影

こちらも明らかに弦やロゴマークの描写の違いが明らかにでています。

次に

2.屋外(太陽光)で撮影する

ただし日向は避けて明るい影の場所で撮るのがコツ。明るい曇がベスト。
販売や営業の場合は被写体の形を伝えることが優先ですので、直射日光で極端に明るい場所とその影で極端に暗い場所ができてしまっては魅力的な商品も台無しです。

建物の影に入れて撮影。花びらが柔らかく優しい感じです。全体の形もよくわかります。
建物の影に入れて撮影。花びらが柔らかく優しい感じです。全体の形もよくわかります。
同時刻、太陽光直撃で撮影。花びらに影ができています。
同時刻、太陽光直撃で撮影。花びらに影ができています。

そして

3.ストロボは使用しない

スマートフォンのストロボは真正面から発光します。どうしてもベッタリした写真になってしまいますね(飲み屋でピースしているスナップ写真には臨場感が出ていいでしょうけど)。撮影スタジオなどは正面からのみ当てることはほぼなく、横からや上、時には下からストロボを当てて立体感を出しているのです。

ストロボ発光で撮影。手前が明るく背景に影が落ちて暗くなります。
ストロボ発光で撮影。手前が明るく背景に影が落ちて暗くなります。
ストロボオフで撮影。なるべく明るい場所で撮りましょう。
ストロボオフで撮影。なるべく明るい場所で撮りましょう。

今回はAppleのiPhone SEというスマホを使用しました。ご参考になれば嬉しいです。

カテゴリー
インターネットでの販促 how to blog

「レンブラント光線」と「フェルメール光線」 撮影方法解説

バックを暗くする撮影方法とふわっとした光で撮影する方法を小型ストロボと身近にあるものを代用してやってみました

タイトルが大げさですが、この場合「片側からの光源」なのか、「光がよく廻り込んでいる場所」なのかと言うことで使わせていただきます。前者をレンブラント光線、後者をフェルメール光線ということにします。
具体的には同じ場所・ほぼ同時刻で「バックを黒くして被写体を浮かび上がらせる」方法と「光を廻らせる(分散)させる」ということをやってみました。

あるクライアントさまから質問されました。
「スマホはきれいに撮れるけど背景無しで撮りたいときは難しい。『必殺仕事人の中村主水』みたいにするにはアプリで加工するしかないのかね?」

みたいなことを聞かれました。中村主水って多分こういうことですよね(画像は使えないのでリンクはアマゾンのアイテムです)。

確かにスマホじゃ難しい。横からの光線があればいいのですが大抵の場合は背景も写り込んでしまって真っ黒にはならない。スマホのストロボはカメラ側の真正面からしか当てられないのでベタベタでテカテカの顔になってしまう。場合によっては目が真っ赤(赤目現象)になってしまう。おっさんがうさぎ目になっても全然かわいくない。

で、自分で実験してみようと思い立ちました。では、始めますよ。

場所はフォトスタジオではありません。大型ストロボやバック紙も使いません。一眼レフと小型ストロボと仕事部屋にあるものだけでやってみました。


仕事場です。散らかっています。築50年ほどの日本家屋をリノベートして天井も壁も白色になっています。建物が隣接していない二階部分で南側の大きな窓から自然光が入ります(ちなみに隣は墓地です)。これだけでもきれいな写真が撮れます。ありがたいです。※今回の実験では自然光は関係ありません。

自分はフォトグラファーといっても今は必要最低限のものしか所有していません。マニアでもコレクターでもないので大型ストロボや使わないカメラ関係の機材はほぼ処分しました。必要なときにレンタルするというスタイルでここ10年以上やっています。
ですので、代用できるものを使うということは常に考えていますし、これを読んで頂いた皆さまにも応用が効くのではないかなと思っています。

【使用機材など】

  • EOS7d
  • ZOOM LENS EF 24-70mm
  • EOS専用スピードライト580EX2
  • 三脚
  • シンクロケーブル
  • 椅子
  • ギターアンプ
  • カメラキャリングケース
  • ハレパネ(レフ板として使っているやつ)

【撮影日時】

  • 2018年3月6日13〜14時くらい

レンブラント光線

今回の被写体は人物ではないですが理屈は同じです。陰影がはっきりとわかりやすく影が出やすい被写体をわざと選びました。

photo1「レンブラント光線失敗」 1/125sec, F13, ISO100
photo1「レンブラント光線失敗」 1/125sec, F13, ISO100
photo2「レンブラント光線成功」1/125sec, F13, ISO100
photo2「レンブラント光線成功」 1/125sec, F13, ISO100

photo1が失敗、photo2が成功です。ご覧の通り撮影データは全く同じです。ストロボの光量も同じです。失敗はバックがうっすらとグレーに写り込んでしまっています。これでは中村主水にはなれません。

失敗はこの様なセッテイングで撮りました。ピアノ椅子の上に被写体を置いています。カメラケースの上にストロボを置いています。ストロボの固定はビデオカメラ用の小型ハンディタイプの安モンのスタビライザーです。左上からストロボを当てています。カメラとはケーブルでつながっています。

で、これが成功のセッテイング。着ない黒色のジャケットをハレパネに引っ掛けました。これだけです。コツとしてはなるべく被写体とバックの距離を離すということです。(右側にハレパネが写っていますが撮影には関係ありません)

フェルメール光線

photo3「フェルメール光線成功」 1/40sec, F8, ISO100
photo3「フェルメール光線成功」 1/40sec, F8, ISO100

今度は同じ被写体を柔らかい光線で撮影してみました。

こんなセッテイングです。ストロボはレンブラント光線撮影時と同じものを同じ光量でカメラにセットして天井に向かって当てています。大きなハレパネ2枚、小さなハレパネも2セット使っています。一番手前の小さなハレパネはカメラ側の下の方から被写体めがけて当ててやる感じです(ギターアンプで支えています笑)。被写体を白い壁で包み込む感じでやるといいと思います。シャッタースピードはやや長めが良いと思います。F値はレンブラント光線撮影時に比べて開けています。

ご自分でやってみようという場合には別光源としてスピードライト(=ストロボ)が必要になります。ストロボシンクロ端子がついていないカメラの場合はホットシューストロボケーブルを使えば、今回のやり方と同じ有線でストロボを使えます。ちなみにワイヤレスでもできますよ。
※説明のためにアマゾンにリンクしていますが機材により使用できるものとできないものがありますのでよく調べてお買い求めください。当方は一切責任を持ちません。ごめんなさい。

今回はストロボを使ってやってみましたが、実はLEDのライトでも近いことはできます。機会ががあれば投稿してみます。